【重要】ポジティブリスト制度の詳細は変更になっている場合がございます。

最新情報は厚生労働省のHPよりご確認ください

食品残留農薬の基準が平成18年5月29日からポジティブリスト制度となりました。
ポジティブリスト制度導入以降は、使用してもよいもの以外は、基準値以上検出されれば流通禁止となります。
特別ミネラル栽培の会でお勧めしている「ニーム」は、農薬ではなくポジティブリスト制度に対応します。

[PR]ガーデニングから家庭菜園・本格農業まで、地球に優しい商品を激選。⇒IDE SHOKAI ONLINE SHOP
[PR]残留農薬分析検査でポジティブリスト対応を⇒残留農薬分析検査なら食環研.net

●ポジティブリスト制度導入

ポジティブリスト制度導入  「食品中の残留する農薬等の基準に係るポジティブリスト制度について」という資料が、厚生労働省医薬食品局食品安全部から平成17年11月29日に発表されています。
 これには、「ポジティブリスト制度(農薬等が残留する食品の販売等を原則禁止する制度)は食品衛生法の一部を改正する法律の一部の施行期日を定める政令(平成17年政令第345号)により、平成18年5月29日から施行することとしています。」と書かれています。


ポジティブリスト制度導入について詳しく読む…

●ポジティブリスト制度で懸念される問題

 従来、食品衛生法による農薬残留基準は、ネガティブリストとも呼ばれ、130の農作物分類と249農薬についてその残留基準が設定されていました。つまり、原則的には、自由で、流通させてはいけないものをリストアップするという方法がとられていました。
さらに詳しく読む…

●ポジティブリスト制度と農薬飛散

 農薬が飛散(ドリフト)した場合でも従来であれば基準値のないものであれば、特に問題になることはありませんでした。ポジティブリスト制度導入以降は、一律基準である0.01ppmという規制の適用を受けます。この結果、食品衛生法違反に問われる可能性があります。
さらに詳しく読む…

●ポジティブリスト制度の0.01ppmとは

 通常の残留農薬基準は、農作物1kg中に残留する量をmg(1000分の1g)であらわします。これをppmという単位で表します。1kg=千g=百万mgですので、百万分の1が1ppmです。ポジティブリスト制度にある一律基準は、0.01ppmですので、1億分の1ということになります。日本の人口全体の中、1名であれば、0.01ppmですが2名であれば0.01ppm以上ということになります。
さらに詳しく読む…

●ポジティブリスト制度に対応するには

 我々の提唱するポジティブリスト制度対策は、「特別ミネラル栽培」そのものです。土の持つ力を最大限に発揮させ、不要な農薬に頼らない「特別ミネラル栽培」は、ポジティブリスト制度に対応した栽培手法であるといえるでしょう。しかし、近隣からの農薬飛散(ドリフト)など、特別ミネラル栽培に取り組んでいても起こりうる事態に、より注意深く対応する必要があります。
さらに詳しく読む…
Net Office Nakai
キーワードが複数の場合は 半角スペース で区切ってください